わきがにミョウバン水、でもちょっと注意

わきがミョウバン水

暑い夏がやってきて、わきががとても気になりだした人もたくさんいることてしょう。私もその中の1人です。デオドラントの商品もたくさん売られていますが、もっと、安価で安全な予防法はないのかなって気になってしまいました。いろいろとおばあちゃんの知恵袋的なものがありましたが、私がこれだと思ったのは、古くから使われているミョウバンを水に溶かしただけのミョウバン水です。ミョウバン自体は、どこのスーパーでも、安価で手に入りますし、あとは水1.5リットルにミョウバン50グラムを入れて溶かすだけです。

 

溶けるのに多少時間がかかるので、1晩くらいおいておかないといけませんが。この水をスプレーしたり、布につけて拭くだけで、消臭、殺菌、制汗(?)の効果があらわれるようです。でも、長時間続くわけではないのですが。携帯用のボトルやスプレーに入れて持ち歩くといいですね。

 

このミョウバン水は、冷蔵庫で保存すると1ヶ月近く持つようですが、それでも、2週間サイクルくらいで新しくするのがベストです。水の替わりに緑茶にしたり、レモン酢を入れたり他にもいろいろなアレンジが出来るみたいです。入れる物によって効果が強化されたり、持続時間が長くなったりすることもあるみたいですので、試してみるのもよいでしょう。最後にミョウバンには、アルミニウムなどの金属が含まれていますので、間違って口にしたりしないように注意してくださいね。

 

ワキガや脇汗の臭い対策について

脇汗をかいた後放置してしまうと臭いの原因になってしまいます。なのでこまめなケアをすることが大切です。では、どのようにケアをすればよいのかというと、まず汗をかいたらこまめに拭くことです。汗自体には臭いはありません。

 

しかし皮膚の表面には雑菌がいるので、そのまま汗を放置すると湿った状態が続き、雑菌がさらに増殖してしまいます。そうすると臭いがキツくなってしまいます。なので、汗をかいたらこまめに拭き取ることが大切です。次に汗をかく前に制汗剤を使用し、汗の量を減らすことです。

 

また、デオドラント剤を使用することも汗の臭いを抑えることができます。この時に無香料のものを選ぶことがポイントです。匂いがあるものを使うと汗の臭いと混ざってしまい、余計に臭ってしまうからです。次に食生活を見直すことです。汗の匂臭いは食べ物も関係してきます。

 

例えば、油を多く使った食べ物やお肉を多く食べてしまうとどうしても汗の匂いが臭くなってしまいます。なので、しっかり緑黄色野菜や魚を食べることです。そして、しっかり水分を摂ることです。

 

汗をかくと体の中の水分が減ってしまい、汗が濃くなってしまいます。なので、汗をかいてしまうからと水分を摂らないでいるのは余計にダメです。このように、こまめなケアをすることで汗の臭いを抑えることができます。

 

体臭対策|汗臭い、加齢臭を撃退しましょう!