私の脇汗対策法

 

私は脇汗がひどく、シャツの色が変わるので、いつも脇汗が目立たない色のシャツを選んで着ていました。

 

ドラックストアで、脇汗によいとされるスプレーや塗り薬を新商品が発売されるたびに試しては、効果がないことを繰り返していましたが、最近、インターネットでパースピレックスという海外の商品、脇汗を止め、皮膚科医おススメの商品、という口コミの高い商品を購入したところ、あれほど悩んでいた脇汗がピタッと止まりました。

 

他のところに汗をかいても、脇だけはサラサラで、脇汗を気にせずに、好きな色のシャツを着れるようになりました。

 

 

脇汗のにおいは、脇毛に絡まった汗から発生されると思うので、汗を止めることでにおいが気にならなくなりました。私は脇毛が多いので、脇毛の永久脱毛を行ったことで、脇がツルツルになり、脇毛に汗が絡まる心配もなくなりました。

 

 

ワキガでない人は、脇毛を剃るか脱毛するかで毛をなくし、パースピレックスで汗を止めることで、悩みは解消されると思います。ワキガの人は、遺伝的な性質を生まれもっていると思われるので、食べるものに気をつけ、病院に行って、医師の診断をあおぐか、手術をしないと根本的には解決されないと思います。

 

試してきた脇汗対策と結果

人一倍脇汗をかきやすい体質なため、脇汗対策が欠かせません。とはいえ、普通のスプレーの制汗剤くらいではまったく汗を抑えることができないため、なんとか服の脇部分の変色を目立たせないようにしようと頑張ってきました。

 

まずは市販されている脇汗パットですが、それくらいのものだとまったく効果がないレベルでした。汗をかく量が多すぎて、パット自体が取れてしまったり、パットの周りにはみ出て変色してしまいます。

 

何度か試しましたが脇汗パットは諦めて、ブラのパットを使って自作しようとしましたが、これもなかなかうまくいかずやめました。そのあとは下着で脇汗パットのついたブラやキャミなどを試しましたが、これもないよりマシかなという程度の効果でした。

 

その頃にはとにかく脇汗が抑えられるというものを探して、インターネットで購入したりしていました。欧州で人気のロールタイプの制汗剤も試してみたものの、夏の暑さや湿気には耐えられず、すぐに脇汗をかいてしまいます。

 

最近では、汗はかくものなんだと割り切って諦めました。ボトックスや手術も考えましたが、デメリットの割に効果が薄そうなので試していません。薄い素材の服など自由に着たいですが、無理なので脇汗がバレにくい服を着ています。

 

脇汗に悩まされてきた体験談

思春期真っ盛りの高校生くらいの頃から、脇汗に悩まされてきました。耳垢が湿るタイプのワキガ体質のようで、制服や体操着の脇部分の変色が恥ずかしくて堪りませんでした。

 

他の友達はまったく汗をかいていないのに、1人だけ汗をかいているのはみっともないような気がして、劣等感でいっぱいでした。体質なんだから仕方ないと開き直りたくても、私汗をかかない体質だから、言っている友達も周りに居て本当に嫌になりました。

 

体操着は黄ばんでしまうので新しいものを買わなくてはいけないですし、遺伝が理由なんだろうなと思うと家系をちょっも恨みたくもなりました。高校も卒業して制服の変色からは解放されたので、私服でなるべく脇汗が目立たないような服を着ていました。

 

それでも決定的に嫌だったものが、バイトです。バイトでは制服の着用が決められていて、襟付きの服を着ていました。それだけ守れば色や素材は好きなものを着られるのですが、脇汗が目立たないようなものをなるべく身につけていました。

 

それでも変色してしまうのですが、それを見たお客さんからみっともないというような言葉を言われて、かなりショックを受けました。その後はどんなに暑くても、その上からカーディガンを羽織りました。今でも制服系の仕事にはつけないなと思っています。

 

参考記事:脇汗対策